美肌&ニキビ

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ       サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>美容ケア>美肌ケア

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 


 ● 生活改善でニキビが消える ●
  
  
ニキビは、皮膚の角質などで毛穴がつまり、皮膚内部で細菌が増えて、
  炎症が起こしてできる。性ホルモンの濃度が高まると、毛穴の奥にある
  皮脂腺が刺激され、脂が分泌され、それを栄養にして、細菌が増殖します。
  ホルモン分泌が急増する思春期に、ニキビができやすくなります。


   ニキビを引き起こす細菌の一つ、アクネ桿菌(かんきん)の量は、
   個人差があるものの、男性は30代もっとも多くなる。
   一方、女性は十代から増えはじめ、20代でピークに達します。
   人目が気になる多感の思春期に
   ニキビに悩まされるのは女のこのほうが多い。
   また、症状は性ホルモン量が変化する月経前に悪化しやすいです。
   
   
   生活習慣が原因でニキビができやすいこともあります。
   野菜嫌い、ハンバーグが大好き、夕食後にスナックお菓子やチョコレートを
   よく食べることが多い人はニキビができやすい。


   また、寝るのは12時過ぎ、朝ぎりぎりまで起きて、朝食が抜きがちで、洗顔
   せずに出かける人もニキビができやすい。


   つまり、脂分の多い食事、睡眠不足などはニキビの症状を悪化させます。


   生活の改善には、まず正しい洗顔から。
   朝と夜二回、顔半分につきピンポン玉ほど大きさに、石鹸を泡立てて、優しく
   なでるように洗いましょう。


   また、夜のスナックお菓子などを食べるのは厳禁、遅くとも11時に寝るように
   しましょう。
                 

     (神奈川県こども医療センター  皮膚科 馬場直子先生の理論による整理) 

  

       ◆ 美肌ケア     ◆ 髪質改善

   

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア 
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 
  
 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved