髪質改善&栄養

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ                サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>美容ケア>髪質改善

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 


 ● 病症で上手に選ぶ栄養成分>美容ケ>髪質改善 ●
  概要:
   髪の毛の99%はケラチンといったタンパク質で構成されています。
   健康な髪の毛はケラチンを作っているアミノ酸の融合はしっかりと
   していて、弾力性に富み、水分が保たれている状態です。


   枝毛やパサつきといったトラブルはアミノ酸が不足を意味しています。
   髪の毛の健康を保つには、肉や魚、卵などの動物性タンパク質を
   しっかりととることが大切です。また、銅や亜鉛などのミネラルも髪を
   構成する成分で、欠かすことができません。

  
  髪の毛のケア

 健康な髪の毛が生まれるのは健康な地肌です。
 地肌はいわば髪の毛の畑で、地肌の状態が
 悪ければ、健康な髪の毛は生えてきません。


 健康な地肌は、
 肌の色が白く、触ると弾力があります。
   一方、不健康な地肌は黄色ぽっく、くすんだ肌色をしていて、触ると、
   べたっと貼りついたような方さがあります。


   地肌の健康取り戻すには、シャンプーやブラッシング時にしっかりと
   マッサージして血行を促進することです。


   首や肩の凝りで、血行不良を起こしていることもあるので、適当な運動で
   全身の血流をよくすることも大切です。
   

 
  抜毛・白髪について:
   
抜毛や白髪は老化現象の一つで、自然な現象です。
   ただし、若いうちにこういう現象が進むのは体調不良や栄養不良が影響
   していると思われます。


   白髪は色素を作る細胞の活動が低下した状態です。細胞を活性化させる
   ためには、カルシウムと銅が必要です。
   抜毛の原因は栄養不足です。
   タンパク質や亜鉛をしっかり取りましょう。
   また、精神的なストレスや不規則な生活に
   よるものもあります。栄養だけ出はなく、生活
   全般の見直しが必要です。
 

 
 髪の毛を豊かにする食べ物
  
 ◎ カルシウムが豊富な食べ物(多い順)
    桜えび ・ プロセスチーズ ・ しらす干し ・ アユ ・ イワシの丸干し
 ◎ 亜鉛が豊富な食べ物(多い順)
    牡蠣(生)・豚肉(レバー)・ 牛肉(肩)・ 牛肉(ロース)・ 卵(卵黄)
 ◎ 銅が豊富な食べ物(多い順)
    牛肉(レバー)・ いか ・ かに ・ えび ・ 納豆
    


 


       ◆ 美肌ケア     ◆ 髪質改善
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)




 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved