栄養&筋肉アップ

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ       サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>健康ケア>筋肉アップ

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ●健康ケア>筋肉アップ ●

概要:


  適当な筋肉をつけることはボディラインを美しく
  するだけではなく、基礎代謝を維持して肥満を
  予防し、冷え性など防ぐ効果が期待できます。


  筋肉のエネルギー源になるのは、
  食物中の糖質と、肺から取り込まれる酸素です。
  糖質は消化酵素の働きで、ブドウ糖に変わり、小腸で吸収されると血液に
  溶け込み、全身の筋肉に送られます。このブドウ糖とと肺から血液中に
  取り込まれた酸素が、筋肉でエネルギーを生み出します。


  筋肉をしっかり鍛えられていれば、体の代謝が向上し、余分な栄養を燃焼
  させる効果があります。その熱によって手足の冷え症状を防ぐこともできます。


  また、運動によって筋肉を付けることは、骨に負荷を与え、骨を丈夫にします。
  このため、骨粗鬆症の予防にも効果的です。
  老人が寝たきりになるのは骨粗鬆症や筋肉の衰弱によるものがほとんどです。


筋肉を効率的に鍛える3要素


 運動
   運動することによって筋肉は小さいな傷がつきます。
   それを修復するたびに筋肉組織が形成されて、大きく
   なっていきます。
 食事
   筋肉の修復に必要とされる「栄養」はタンパク質です。
   効果的なタンパク質摂取タイミングは運動の1〜2時間
   前、運動直後と就寝の2時間前です。
  睡眠
    筋肉を育てるうえで必要とするのは「休養」です。
    休養時には全身のエネルギー量が消費量が少なくなるため、筋肉を
    成長させるために必要なエネルギーを確保することができるのです。
    


良質なタンパク質を含む代表的な食品:


    卵、マグロ、大豆、秋刀魚、鮭、かつお、いわし、豚肉、牛肉など。


 注: 良質なたんぱく質とはは、「必須アミノ酸」を全部含んでいるタンパク質の
     ことです。 たまご、肉、乳製品が良質なタンパク質です。

 

  
   ◆血液サラサラ   ◆免疫力アップ   ◆筋肉アップ
   ◆眼精疲労   ◆疲労回復   ◆ストレス対策
   ◆ダイエット   ◆腸内環境   ◆歯の強化
   ◆冷え症   ◆むくみ   ◆ボケ予防
 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)




 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved