栄養&疲労回復

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>健康ケア>疲労回復

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ●健康ケア>疲労回復 ●
概要(生理)   一般的に、
  疲労は筋肉に乳酸が蓄積するために起こります。
  筋肉内部でできる乳酸は疲労物質とばれます。


  乳酸とはエネルギーを生むときに、完全燃焼できずに
  残った燃焼カスのようなものです。
   この乳酸が多くなると、血液が酸性に傾き、細胞の活動性が低下します。
   それによって筋肉が収縮する力が落ち、「疲れ」を感じます。


   通常ならば、乳酸は少しずつ血液で運び出されるので、時間が経てば、 
   回復します。ところが、血液循環の悪い人は乳酸はは筋肉に留まった
   ままので、なかなか疲労回復ができません。
   

   疲れやすい、なかなか疲れがとれない――そんな人は血液循環が
   悪くなっている可能性があります。

  疲労を引き起こす原因:
  息を切らすような激しい運動をする
  ストレスで 交感神経が興奮し、血管が
    収縮して酸欠状態になる
  運動不足で筋肉が収縮し、血行不良が
    起き酸欠になる
  不規則な生活で自律神経のバランスが
    狂って酸欠になる

  改善法
  ● 疲労状態にある時は、まず筋肉にある乳酸を分解させることが大切です。
    その特効薬となるのが「クエン酸」です。


    クエン酸はお酢やレモン、梅干などの酸っぱい食品に含まれる成分です。
    クエン酸は体内のエネルギーの代謝機能を効率よくして、疲労物質
    である乳酸を分解してくれる効果があります。また、酸性に傾いた体を
    アルカリ性に整える働きもあります。


  ● 体力回復に効果的な栄養素は、ビタミンB1とアリシンの組み合わせです。
    ⇒ ビタミンB1は糖質の分解を助けてエネルギーを生み出し、乳酸などの
       疲労物質を溜まりにくくします。
    ⇒ アリシンはにんにくやニラなど香味野菜に含まれる成分で、B1と融合
     すると、アリチアミンになります。
     B1は水溶性ビタミンなので、過剰に摂ると排泄されますが、
     アリチアミンに変換されると長く血液中に留まり、長時間にわたって
     疲労 回復のために利用することができます。

代表的な食品:
  ビタミンB1を多く含む食品:豚肉、うなぎ、大豆
  アリシンを多く含む食品::にんにく、ニラ、タマネギ、ラッキョウ

 
  
   ◆血液サラサラ   ◆免疫力アップ   ◆筋肉アップ
   ◆眼精疲労   ◆疲労回復   ◆ストレス対策
   ◆ダイエット   ◆腸内環境   ◆歯の強化
   ◆冷え症   ◆むくみ   ◆ボケ予防
 
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved