栄養&腸内環境

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>健康ケア>腸内環境                   

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ●健康ケア>腸内環境 ●
 概要:
   
 人間は口から食べ物を取り入れると、
 胃で消化されて、腸で吸収されます。
 腸から栄養を 血液に取り込む時、大腸が
 汚れていると、毒素も一緒に吸収され、血液が汚れます。
 これが様々な不調や病気を起こします。


   大腸には約100兆個、100〜500種類の細菌が存在するといわれます。
   同じ菌でも善玉菌と悪玉菌と呼ばれるものがあり、これらの菌のバランスが
   腸の環境を左右しています。


   腸で悪玉菌が繁殖すると、食べ物の腐敗が進み、発ガン物質などの有害
   物質を作ります。また、免疫力も低下し、腸からの栄養吸収も低下します。

 
   一方、ビフィズス菌やラクトバチルス菌などの善玉菌が増えると、
   お通じがよくなり、栄養の吸収率が高まります。
   その結果、血液の質が向上し、皮膚がきれいになります。


   ちなみに、腸内に日和見菌という細菌もいます。この細菌は悪玉細菌と
   善玉細菌のうち数の多いほうに味方をする細菌です。
   健康な人の腸内細菌のバランスは善玉4:悪玉3:日和見菌3の割合です。




 腸内環境の改善法:
   健康で長生きするためには常に食生活や排泄異常に注意し善玉菌優勢に
   保つよう心掛ける事が大切
です。
   

   腸内環境は年齢とも関係もあります。赤ちゃんの時は善玉菌が支配され
   ていますが、成長と共に悪玉菌が増え、年をとると悪玉菌が優位になる
   傾向にあります。
   このため、普段から腸内環境をよくする食品を
   積極的にとったり、腸に刺激を与える運動をする
   ことが大切です。
  腸内環境をよくする食事方法:
 ◎乳酸菌(ビフィズス菌)を多く含む食品(ヨ−グルト等)や発酵食品
  (納豆等)を沢山とる。

 ◎乳酸菌の好物をとる。*オリゴ糖*米、麦、あわ、豆、きび、ひえなど。
 ◎食物繊維が多いもの。
  穀類、緑黄色野菜・根菜類、きのこ類、果物、ナッツ類、海藻類など。
 ◎魚介類を中心にし、肉類をひかえめに。


 健康知恵袋:  日本の漬物パワーで腸内環境を整える!!
   日本の伝統食の基本であるしょうゆ、味噌、納豆、
   漬物、甘酒などは、乳酸菌や酵素の発酵の働きに
   よって作られています。
   例えば、漬物はぬかの中で育まれた乳酸菌が野菜を発酵させます。
   さらに、野菜に含まれる食物繊維が餌となって乳酸菌を増やします。
   漬物は古くなると酸っぱくなるのは乳酸菌によるものです。 


   ただし、漬物は即席で作れる漬物調味液は、発酵しないので乳酸菌などの
   作用は期待できません。 
 

  
   ◆血液サラサラ   ◆免疫力アップ   ◆筋肉アップ
   ◆眼精疲労   ◆疲労回復   ◆ストレス対策
   ◆ダイエット   ◆腸内環境   ◆歯の強化
   ◆冷え症   ◆むくみ   ◆ボケ予防
 
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)
 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved