栄養&歯の強化

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>健康ケア>歯の強化

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ●健康ケア>歯の強化 ●
 概要:
  歯の形や大きさは、歯並びなどは、
  ある程度遺伝的な要素によりますが、
  丈夫で健康的な歯を作るには、食べ物や
  生活習慣など後天的な要素が重要である
  ことは間違いがありません。
 
  咀嚼(そしゃく)することが歯と歯ぐきを丈夫にすると言われてきました。 
  歯を発達させるには、食べ物を「よく噛む」ことが大切です。
  よく噛むことで、あごの筋肉が発達し、歯にカルシウムがしっかり補給され、
  虫歯になりにくくなります。

咀嚼の健康効果:
  ◎ 血行促進:
     ・脳への血流アップ、脳が活性化させ、ボケ防止に役に立つ
     (関連ページもご参考に: 食事の摂取方
     ・首や肩の凝りを予防します。
  ◎ 唾液の分泌:
     ・消化吸収アップ
     ・殺菌作用
     ・免疫力向上
     ・食品添加物などの分解
  ◎ 虫歯・歯周病の予防
     ・歯表面のプラーク(歯垢)が付きにくくなる。
     ・歯ぐきの血行がよくなる
  ◎ ダイエット効果
     ・少量で満腹感が得られ、自然と腹八部目に。

 
食生活のポイント(栄養):


 丈夫な歯を作るには、
 カルシウムビタミンDといった
 栄養素をしっかり摂取することが大切です。
  カルシウムは歯や骨の材料になるものです。魚や乳製品に多く含まれます。
  ビタミンDは魚やキノコ類に含まれる栄養素で、カルシウムの吸収率を
  向上させる働きがあります。
  カルシウムとビタミンD両方含む魚類は歯質強化にまさに理想的な食品です。


  ここで白砂糖の摂取につい注意していただきたいのです。
  お菓子や清涼飲料水などに含まれる白砂糖は、吸収の際にカルシウムを
  消費しまうので、摂りすぎには注意しましょう。
  ちなみに、同じ糖分でも、黒砂糖や蜂蜜はミネラルが豊富なので、白砂糖
  よりカルシウム消費が比較的に少なくて済みます。
   



 代表的な食品:

  ●カルシウムが多く含む食品(多い順):
    桜えび・プロセスチーズ・しらす干し・いかなご・鮎・いわしの丸干し


  ●ビタミンDが多く含む食品(多い順):
   しらす干し・いわしの丸干し・身欠きにしん・すじこ・いくら・かわはぎ

 

  
   ◆血液サラサラ   ◆免疫力アップ   ◆筋肉アップ
   ◆眼精疲労   ◆疲労回復   ◆ストレス対策
   ◆ダイエット   ◆腸内環境   ◆歯の強化
   ◆冷え症   ◆むくみ   ◆ボケ予防
 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved