栄養&ボケ予防

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>健康ケア>ボケ予防

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ●健康ケア>ボケ予防 ●
  概要:
   認知症(痴呆症・ボケ)の原因は完成解明されていませんが、
   第一の原因として挙げられるのは脳の血管障害です。

   認知症は、脳内の血流が悪くなることで、
   脳細胞が死滅したり、傷つくことからおこると
   考えられています。


   つまり、脳の血液循環を促進することで、
   脳に必要な酸素と栄養素を十分に供給する
   ことがボケ予防の最大のポイントです。

  予防:
   アルツハイマーに冒された脳と健康な人の脳のビタミンEの量を
   比較したところ、アルツハイマー病の脳は抗酸化に働くビタミンEの
   濃度が低下していることがわかりました。

   また、大脳皮質では酵素の働きを促すビタミンB1も不足しています。
   つまり、ビタミンEとB1はボケを防ぐうえで重要な栄養素だといえます。
   ボケ予防として注目されているのが
 「イチョウ葉エキス」と「大豆レシチン」の
 栄養成分です。
   イチョウ葉エキスは、銀杏の葉から抽出栄養成分で、
   ギンコライドとフラボノイドというポリフェノールを含みます。
   ●ギンコライドは
   脳で活性酸素が生成されるのを抑制し、脳細胞を守る働きがあります。
   ●フラボノイドは
    20種類に及び、血行を改善することにより、脳の活動を活発にさせます。


   大豆レシチンは、大豆や大豆製品に含まれます。
   脳を構成する神経細胞ニューロンをつなぎ合わせる部分を
   シナプスと言いますが、大豆レシチンはシナプスで分泌される
   神経伝達物質の合成に欠かせません。
   また、大豆レシチンは記憶力や集中力を高める作用がり、認知症の
   予防に効くとされています。
   関連内容: 
           ビタミンEは脳のビタミン
           イチョウの葉茶で脳の血管を若返らせる
           脳にいい効果が期待されるサプリメント
 

  
   ◆血液サラサラ   ◆免疫力アップ   ◆筋肉アップ
   ◆眼精疲労   ◆疲労回復   ◆ストレス対策
   ◆ダイエット   ◆腸内環境   ◆歯の強化
   ◆冷え症   ◆むくみ   ◆ボケ予防
 
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)
 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved