心疾患

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>病気の予防&改善>心疾患

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 病気の予防&改善>心疾患 ●

概要:
  
 
 心臓は、
 生きていくうえで不可欠な血液を全身に送る働きが
 あります。酸素や栄養素を全身に届けるため、休む
 ことなくポンプの役目を果たしています。


 心疾患とはこの心臓の働きに異常をきたす病気です。
   心疾患には、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患と、心筋炎、
   心臓弁膜症、心膜炎などがあります。


   心疾患は日本人の死因の第2位を占めている病気です。心疾患で
   なくなった人の約半数は狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患です。


   狭心症は、冠状動脈の一部が狭くなることで、心筋に血液が十分に
   届かなくなり起こります。
   酸欠状態に陥り、胸痛、圧迫痛、動悸、息切れなどの症状が現れます。
   症状は1〜2分、長くても15分以内で収まるのが特徴です。
   

   一方、心筋梗塞は、冠状動脈の動脈硬化が進み、極端に狭くなったり、
   詰まったりして、心臓の筋肉が壊死する病気です。
   前触れもなく発作が起き、胸が焼けるような激しい痛みがあり、あだら汗、
   呼吸困難が生じ、死の恐怖感を伴うこともあります。
   症状は30分以上と長く、痛みの程度も狭心症より強いのが特徴です。
   


 原因:

   血液が集中する心臓は動脈硬化が起こりやすいです。
   虚血性心疾患を起こす人は、高血圧症であることが少なくありません。
   虚血性心疾患に至らずとも、高血圧の状態でいること自体、心臓に大きな
   負担をかけるので、高血圧は早期に予防、改善することが大切です。

 心臓病を予防する健康ハート10か条
  • 食品は栄養バランスを考えて
  • 脂肪の摂取は植物性を中心に
  • 食塩は調理の工夫で、無理なく減塩
  • 食事の量は運動量とのバランスで甘いものには要注意
  • お酒の量は自分のペースでほどほど
  • 努めて歩き、適度な運動
  • ストレスは工夫をこらして上手に発散
  • 血圧とコレステロールを正常に
  • タバコは吸わない。頑固に禁煙
  • 定期検診忘れずに      

 


    病気の予防&改善チェックリスト(症状・原因・対策など)

 ◆ 風邪・発熱     ◆ 花粉症   ◆ 口内炎
 ◆ 歯周病   ◆ 心疾患   ◆ 二日酔い
 ◆ 脳卒中   ◆ 低血圧   ◆ 高血圧
 ◆ 関節痛   ◆ 肩こり・腰痛   ◆ 骨粗鬆症
 ◆ 下痢・便秘   ◆ 胃腸虚弱   ◆ 胃・十二指腸潰瘍
 ◆ 不眠   ◆ 更年期障害   ◆ 糖尿病
 ◆ がん   ◆ 動脈硬化   ◆ 高脂血症
 ◆ 腎機能低下   ◆ 高尿酸血症   ◆ 肝機能低下
 ◆ 胆石・胆のう炎   ◆ 貧血

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved