二日酔い(2日酔い)

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>病気の予防&改善>二日酔い(2日酔い)

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 病気の予防&改善>二日酔い(2日酔い) ●
 
  概要(二日酔いのメガリズム)

 
飲んだお酒は、
胃で吸収されて肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。
このアセトアルデヒドは有毒物質なので、さらに肝臓は
分解して水と二酸化炭素にかえて、尿や吐く息から体外に
排出されます。

   肝臓が分解できるアルコールの量は限度があります。
   限度を上回る酒量を飲んでしまうと、
   肝臓での分解は間に合わず、アルコールが残ったり、分解途中の
   アセトアルデヒドが全身に巡ったりします。
   それによって、翌日めまいや頭痛、吐き気などの症状を起こします。
   これは二日酔いのメガリズムです。


   二日酔いはいわば肝臓がのオーバーワークに陥っている状態です。
   さらに飲み続けていると、肝臓に障害を起こします。


   まず、アルコールの摂取によって、
   脂肪の分解が抑えられるため、脂肪肝になります。進行すると、
   肝細胞が破壊されるアルコール肝炎、肝硬変などが起こります。


 アルコールの適量を知りましょう:

   肝臓のアルコール処理能力は個人差がありますが、一日の適量は、
   日本酒一合、ビール大ビン1本、
   ワイン三分の一本と覚えておきましょう。
  
   ちなみに、体重60キロの人がこの分量のお酒を完全分解するには、
   約三時間かかります。

 対策
   二日酔いを防ぐお酒の飲み方は、
   飲む量を減らすと同時に、おつまみを食べながらを飲むのがポイントです。

   また、お酒を飲む時前に、アルコールの分解を助ける食品しっかりとり、
   肝臓をサポートしましょう。

 代表的な食品:
   胆汁の分泌を促し、アルコールの分解を高めるクルクミン
   肝臓強化作用のあるメチオニンセサミノールなどが有効です。

   ●クルクミン(ウコン)
    肝臓で作られる胆汁の分泌を促進し、肝機能を強化し、抗菌・健胃作用、
    コレステロール低下作用があります。
    代表:カレーライス

   ●メチオニン: 
    活性酸素を取り除き肝機能を強化する。肝脂肪を防ぐ物質を合成し、
    解毒作用を高める作用があります。
    代表:    カツオ       レバー
   ●セサミノール
    胡麻やごま油に含まれるセサミノールは強い抗酸化作用があり、肝機能を
    高め、二日酔いを予防します
    代表:   胡麻   ゴマ油

  胃腸を守る食品:
   乳製品: 
    乳製品は胃壁をアルコールから保護し、急激な吸収を
    防ぐ効果があり、悪酔いを予防します。

    病気の予防&改善チェックリスト(症状・原因・対策など)

 ◆ 風邪・発熱     ◆ 花粉症   ◆ 口内炎
 ◆ 歯周病   ◆ 心疾患   ◆ 二日酔い
 ◆ 脳卒中   ◆ 低血圧   ◆ 高血圧
 ◆ 関節痛   ◆ 肩こり・腰痛   ◆ 骨粗鬆症
 ◆ 下痢・便秘   ◆ 胃腸虚弱   ◆ 胃・十二指腸潰瘍
 ◆ 不眠   ◆ 更年期障害   ◆ 糖尿病
 ◆ がん   ◆ 動脈硬化   ◆ 高脂血症
 ◆ 腎機能低下   ◆ 高尿酸血症   ◆ 肝機能低下
 ◆ 胆石・胆のう炎   ◆ 貧血

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved