高血圧

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>病気の予防&改善>高血圧

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 病気の予防&改善>高血圧 ●
 概要:  
    血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力のことを
    血圧といいます。

    最大血圧140mmHg以上、あるいは最小血90mmHg
    以上の場合を高血圧と診断されます。


    高血圧が長く続くと、
    血管がもろっくなったり、血管の内部が狭くなります。

    高血圧の症状は、頭痛やめまい、耳鳴りなどがありますが、本人が
    無自覚であることも少なくありません。

    高血圧が進むと、動脈硬化となり、さらに脳出血や脳梗塞、狭心症や
    心筋梗塞、心肥大、腎不全といった重い病気にいたることがあります。


 原因:

    高血圧がは
    原因が明確できない「本態性高血圧症」と
    血圧上昇の原因と明らかな病気がある「二次性高血圧症」とがあります。
    

    高血圧症の9割は本態性高血圧症です。
    ただし、まったく原因がわからないだけではなく、幾つかの要因が組み
    合わさって発症していると考えられています。


    原因のうち、重要なものとしては、塩分の摂りすぎ、喫煙、飲酒、運動
    不足、加齢、遺伝などがあります。

 高血圧改善・予防のための対策
 食塩を制限する
   降圧剤を飲んでいても、食塩制限は重要。
   降圧剤の効果を高めたり、心肥大や蛋白尿を
   軽減させる効果も期待できます。  

  塩分の多い食品:
   たらこ・ソーセージ・カップラーメン・かまぼこ
   アルコール制限
     お酒は血管を拡張させ、一時的に血圧を下げますが、長期的に高血圧を
     招きます。
     お酒の適量(シングル):  ビール1本  焼酎一合  水割り2杯
   タバコを止める
     喫煙は動脈硬化を引き起こす大きな原因。また、心血管合併症予防の
     ためにも重要です。
   有酸素運動をする
     有酸素運動でカテコラミンなどの昇圧因子を減少し、ドーパミン(注※)や
     タウリンなどの降圧因子が増え、血圧が下がります。
   適正体重の維持
     体重が増加するほど、高血圧にかかる確率が高くなり、心臓にも負担と
     なります。食事コントロールや運動で適正な体重を保ちます。
      ※注ドーパミン(英:Dopamine)は中枢神経系に存在する神経伝達物質で、
     アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもあります。運動調節、ホルモン
     調節、快感、意欲、学習などに関わる。セロトニン、ノルアドレナリン、
     アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンを総称してモノアミン神経伝達物質と
     呼びます。
    
        関連情報:有酸素運動をする
    
    病気の予防&改善チェックリスト(症状・原因・対策など)

 ◆ 風邪・発熱     ◆ 花粉症   ◆ 口内炎
 ◆ 歯周病   ◆ 心疾患   ◆ 二日酔い
 ◆ 脳卒中   ◆ 低血圧   ◆ 高血圧
 ◆ 関節痛   ◆ 肩こり・腰痛   ◆ 骨粗鬆症
 ◆ 下痢・便秘   ◆ 胃腸虚弱   ◆ 胃・十二指腸潰瘍
 ◆ 不眠   ◆ 更年期障害   ◆ 糖尿病
 ◆ がん   ◆ 動脈硬化   ◆ 高脂血症
 ◆ 腎機能低下   ◆ 高尿酸血症   ◆ 肝機能低下
 ◆ 胆石・胆のう炎   ◆ 貧血

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved