肩こり・腰痛

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>病気の予防&改善>肩こり・腰痛

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 病気の予防&改善>肩こり・腰痛 ●
 概要:
  腰痛や肩こりといった症状は、一定の姿勢を長時間
続けたり、無理な姿勢をするために起こります。
    

また、精神的なストレスや使いすぎから来る痛みである
こともあります。
    いずれにしても、
    筋肉が緊張し硬くなり、その部分の血流が悪くなっている状態です。


    肩こりがひどくなると、頭痛や目の疲れ、
    腰痛は足の痺れや、内臓不調、月経痛を起こすことがあります。


    また、ぎっくり腰(急性腰痛)は日々の疲労が重なって硬くなった筋肉を
    無理やり動かしたり、伸ばしたりしたため起こります。

 肩こり・腰痛の予防する生活上の注意事項:
   運動不足を解消する
     運動不足は血行を悪くさせ、コリの原因となります。ただし、無理な
     ストレッチや過剰な筋肉トレーニングは筋肉組織を損傷させます。
   高いヒールの靴を避けましょう
     ヒールの高い靴を履くと、前傾姿勢になりがちです。体をささえるため、
     背中の筋肉が疲労しやすくなります。
   バッグを片側の肩に掛けない
     バッグをかけた肩が緊張して、肩こりを引き起こします。
     手提げも同様。こまめに持つ手を交換するか、リュックなど左右均等に
     負荷がかかるものにします。

 肩こり・腰痛に聞く栄養素:

    食事の面では、主にビタミンB群とビタミンEをしっかり取ることです。

    Bは乳酸を分解して筋肉の疲れを和らげる働きがあります。
    Bはエネルギーの代謝に関与して疲れにくくします。
    また、B12は末梢神経の傷を回復させる作用があります。
    ビタミンEは血行を促進させ、乳酸を排泄させます。

 代表的な食材:
  
  ビタミンB1は、豚肉、うなぎ、玄米等に多く含まれます。
  ビタミンB2は、 レバー、うなぎ、納豆、玉子等に多く含まれます。
 
  ビタミンB12は、シジミや赤貝など、貝類に多く含まれます。
  ビタミンEは、 油や種実類、魚卵に多く含まれます。

 
    病気の予防&改善チェックリスト(症状・原因・対策など)

 ◆ 風邪・発熱     ◆ 花粉症   ◆ 口内炎
 ◆ 歯周病   ◆ 心疾患   ◆ 二日酔い
 ◆ 脳卒中   ◆ 低血圧   ◆ 高血圧
 ◆ 関節痛   ◆ 肩こり・腰痛   ◆ 骨粗鬆症
 ◆ 下痢・便秘   ◆ 胃腸虚弱   ◆ 胃・十二指腸潰瘍
 ◆ 不眠   ◆ 更年期障害   ◆ 糖尿病
 ◆ がん   ◆ 動脈硬化   ◆ 高脂血症
 ◆ 腎機能低下   ◆ 高尿酸血症   ◆ 肝機能低下
 ◆ 胆石・胆のう炎   ◆ 貧血

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved