更年期障害

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>病気の予防&改善>更年期障害

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 病気の予防&改善> 更年期障害 ●
 概要:
   更年期障害とは、
   ホルモンの分泌減少による体調不良、閉経前後の女性に多く見られます。 


   女性は閉経前後を迎えると、エストロゲンなどの女性ホルモンの
   分泌が減少します。エストロゲンが十分に分泌されなくなるため、
   ホルモンバランスが崩れて体全体に影響を及ぼすのです。


   エストロゲンには自律神経を安定させ、コレステロールのそうかを抑制し、
   カルシウムの吸収を向上させる働きがあります。


 症状:

   更年期には、倦怠感や肩こり、腰痛、のぼせ、
   発汗、動悸、冷えなどの様々な不定愁訴が
   起こります。不安やイライラなど精神的症状が
   伴うこともあります。

  改善対策:
   更年期障害の改善には、食事と運動で体のバランスを取り戻すと共に、
   無理をしない、がんばらない、楽しみを見つけるなど精神面での余裕を
   もつことも大事です。


   食事の面では、減少したエストロゲンの働きをカバーするために、
   カルシウムを十分とり、コレステロールや塩分を控えるようにしましょう。
   さらに、エストロゲン似た働きをするとされる大豆イソフラボンをとると
   効果的です。
   

 
  代表的な食品:

大豆や黒豆、厚揚げ、納豆、豆腐などに含まれる
イソフラボンはエストロゲンに似た働きをして、更年期障害、
骨粗鬆症などを予防・改善します。



 


    病気の予防&改善チェックリスト(症状・原因・対策など)

 ◆ 風邪・発熱     ◆ 花粉症   ◆ 口内炎
 ◆ 歯周病   ◆ 心疾患   ◆ 二日酔い
 ◆ 脳卒中   ◆ 低血圧   ◆ 高血圧
 ◆ 関節痛   ◆ 肩こり・腰痛   ◆ 骨粗鬆症
 ◆ 下痢・便秘   ◆ 胃腸虚弱   ◆ 胃・十二指腸潰瘍
 ◆ 不眠   ◆ 更年期障害   ◆ 糖尿病
 ◆ がん   ◆ 動脈硬化   ◆ 高脂血症
 ◆ 腎機能低下   ◆ 高尿酸血症   ◆ 肝機能低下
 ◆ 胆石・胆のう炎   ◆ 貧血

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved