動脈硬化

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ       サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>病気の予防&改善>動脈硬化

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 病気の予防&改善>動脈硬化 ●

 概要:
   動脈硬化とは、
   動脈の層が厚くなったり、硬くなったりして弾力や柔軟性を失った状態です。 
   さらに進むと、血管の内膜にコレステロールやカルシウムが溜まって、
   内腔が狭くなったり、血液がスムーズに流れなくなります。


   動脈硬化は加齢と共に進行します。40歳以上の人はほとんどは
   動脈硬化をム起こしているとされ、一種の老化現象ともいえます。


   はじめは無自覚ですが、進行するにつれて、めまいや物忘れ、動悸ね
   耳鳴り、などの症状が現れます。さらに悪化すると、、脳出血や脳梗塞、
   眼底出血、網膜症、狭心症、心筋梗塞、腎硬化などの病気に発展する
   確率が高くなります。
   


 原因:

   動脈硬化を進行させる原因は、日々の生活習慣にあります。
   肥満、糖尿病、ストレス、運動不足、喫煙は確実に動脈硬化に
   なるリスクを引き上げます。


   ちなみに、欧米では高脂血症による動脈硬化が多く、日本の場合は、
   高血圧が原因となる割合が高くなっています。

 
 予防対策:


   動脈硬化は10代前半からすでに始まっています。
   少しずつ血管壁へのコレステロール沈着が進み、早い人は
   20代後半〜30代、一般的には、40歳わ過ぎて自覚症状が起こります。


   動脈硬化の進行は車の発進にたとえられます。
   はじめはゆっくりですが、次第にスピードが増します。
   このスピードがを抑えるのが正しい食事や生活習慣です。
  

  食事の面では、
   コレステロールの元となる脂身の多い肉などの動物性脂肪を抑えること。
   いわしやサバなどの青背の魚に含まれるDHA・EPAは血液中の中性脂肪を
   減らし、動脈硬化を予防する効果があります。


   高血圧も動脈硬化の重大な危険因子なので、塩分の摂りすぎにも控える
   必要があります。
  生活の面では、
   適当な運動を心がけることです。
   厚生労働省の調査では、よく歩くほど
   善玉コレステロールの割合が多いとの
   結果が出されています。

    関連情報: ●DHAたっぷりの青背の魚をたべましょう
            ●DHA   ●EPA
 


    病気の予防&改善チェックリスト(症状・原因・対策など)

 ◆ 風邪・発熱     ◆ 花粉症   ◆ 口内炎
 ◆ 歯周病   ◆ 心疾患   ◆ 二日酔い
 ◆ 脳卒中   ◆ 低血圧   ◆ 高血圧
 ◆ 関節痛   ◆ 肩こり・腰痛   ◆ 骨粗鬆症
 ◆ 下痢・便秘   ◆ 胃腸虚弱   ◆ 胃・十二指腸潰瘍
 ◆ 不眠   ◆ 更年期障害   ◆ 糖尿病
 ◆ がん   ◆ 動脈硬化   ◆ 高脂血症
 ◆ 腎機能低下   ◆ 高尿酸血症   ◆ 肝機能低下
 ◆ 胆石・胆のう炎   ◆ 貧血

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved