腎機能低下

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ       サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>病気の予防&改善>腎機能低下

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 病気の予防&改善>腎機能低下 ●

 概要:
    腎臓は
    塩分や老廃物、有害物質などを処理して、「尿」として排出する臓器です。
    不要なものを尿として排泄することで、きれいな血液を維持する役割が
    あります。


    腎臓の機能が低下すると、体液のバランスが崩れ、全身に色々な障害を
    引き起こします。


 症状:
   
腎臓は病気が進んでも自覚症状が出ることが少ないため、尿の状態を
   よく観察することが病気を発見する第一歩になります。


   たんぱくが含んだ場合は、
   排尿時に尿が泡立ち、なかなか消えないという特徴があります。
   血尿は腎臓や膀胱の尿路になんらかの障害がある可能性があります。

   
   病気が進行すると、最初は目の周囲がむくみ、さらに顔や手足にに
   むくみが見られます。

 

 予防対策
 
腎臓は一度損なわれると、回復が難しい臓器です。
腎臓病予防するには、
   腎炎の元となる風邪に気をつけること、
   塩分の濃い食事を控えること
   汗をかいた後は水分補給を心がけることです。
   栄養面では、タンパク質は過不足なく摂取することがポイントです。
   牛、豚より魚や鶏肉がベストです。

 腎臓機能を守る生活のポイント:
   ● 
塩分を控えの味付けにする
      塩分の摂りすぎは腎臓の負担となります。ハムなどの加工食品や 
      インスタント食品は塩分が高いので要注意です。
   ●  しっかり睡眠をとる
      横になることで腎臓への血流がよくなります。足がむくんでいる時は
      やや高くして横になると効果的。
   ● 下半身を鍛える    
      腎臓の機能を守るには、足腰を鍛えることが大切です。
      ただし、すでに機能低下を起こしている場合は、激しい
      運動は逆効果で、ウォーキングなどが適しいます。


 


    病気の予防&改善チェックリスト(症状・原因・対策など)

 ◆ 風邪・発熱     ◆ 花粉症   ◆ 口内炎
 ◆ 歯周病   ◆ 心疾患   ◆ 二日酔い
 ◆ 脳卒中   ◆ 低血圧   ◆ 高血圧
 ◆ 関節痛   ◆ 肩こり・腰痛   ◆ 骨粗鬆症
 ◆ 下痢・便秘   ◆ 胃腸虚弱   ◆ 胃・十二指腸潰瘍
 ◆ 不眠   ◆ 更年期障害   ◆ 糖尿病
 ◆ がん   ◆ 動脈硬化   ◆ 高脂血症
 ◆ 腎機能低下   ◆ 高尿酸血症   ◆ 肝機能低下
 ◆ 胆石・胆のう炎   ◆ 貧血

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved