高尿酸血症

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ       サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>病症で上手に選ぶ栄養成分>病気の予防&改善>高尿酸血症

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 病気の予防&改善>高尿酸血症 ●


  概要:

   高尿酸血症とは、尿で排泄されるはずの尿酸が血液や体液の中に
   溜まってしまった病気です。


   症状としては、始めは関節の激しい痛み(痛風症状)を生じ、悪化すると、
   腎臓の病気や動脈硬化を引き起こします。


   尿酸とは食べ物に含まれる「プリン体」の老廃物、通常は腎臓から尿に
   混じって排泄されます。ところが、アルコールやプリン体の多い食品の
   摂取が増えると、尿酸の血中濃度が上昇します。その尿酸が結晶となって、
   組織に溜まると激しい痛みがおこします。 


   高尿酸血症は中高年の男性に多い病気ですが、食生活の欧米化に伴い、
   最近では30代で発症する人も増え、若年化の傾向が見られます。

 


 原因:

   原因は遺伝的素質もありますが、生活習慣も大きく影響します。
   食生活では、プリン体を多く含む食品やアルコールの取りすぎが
   問題になります。


   プリン体を多く含む食品は内臓や肉汁、干し物などで、摂りすぎると、
   尿酸値が上昇します。アルコールは尿酸の生成を促進するうえに、
   腎臓から排泄を阻害します。


   また、肥満気味の人は、尿酸の排泄が抑制されるために、尿酸値が
   高くなりやすい傾向があります。



 
 予防対策:

   高尿酸血症を予防するには、
   プリン体を多く含む食品を控えることが重要です。あわせて心がけたいのは
   食べる量を制限することです。高尿酸血症患者の半数以上は肥満気味で、
   肥満度が大きいほど尿酸値が高くなります。ゆっくり味わいながら咀嚼して、
   食べすぎを防ぎ、腹八分目を保つことが大切です。




 食品に含まれるプリン体の含有量:
    多い ← ← ← ← プリン体含有量 → → → → 少ない
  食


  品
  鶏レバー   豚レバー  牛肩・豚ロース  コンビーフ
  いわし   牛レバー  豚バラ  ハム
  あじ   あじ干物  牛タン  ウィンナー
  イカ   秋刀魚干物  ベーコン  卵
  カにみそ  つみれ  かまぼこ
 豆腐
 野菜
  酒   ビール  日本酒  ワイン
 ブランディー
 ウイスキー
 焼酎



 


    病気の予防&改善チェックリスト(症状・原因・対策など)

 ◆ 風邪・発熱     ◆ 花粉症   ◆ 口内炎
 ◆ 歯周病   ◆ 心疾患   ◆ 二日酔い
 ◆ 脳卒中   ◆ 低血圧   ◆ 高血圧
 ◆ 関節痛   ◆ 肩こり・腰痛   ◆ 骨粗鬆症
 ◆ 下痢・便秘   ◆ 胃腸虚弱   ◆ 胃・十二指腸潰瘍
 ◆ 不眠   ◆ 更年期障害   ◆ 糖尿病
 ◆ がん   ◆ 動脈硬化   ◆ 高脂血症
 ◆ 腎機能低下   ◆ 高尿酸血症   ◆ 肝機能低下
 ◆ 胆石・胆のう炎   ◆ 貧血

 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved