新聞&ボケ

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>ボケないための生活の工夫>毎朝の新聞読みで記憶力をアップさせる

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 毎朝の新聞読みで記憶力をアップさせる ●

   ボケと物忘れはまったく別のものですが、物忘れを防ぐ訓練を行うことによって、
   記憶力が強化されて脳を活性化し、ボケを防ぐことができます。


   ここでお勧めするのが新聞を使った方法です。 
   興味を持った記事があるページを開き、そこにある見出しを覚えるのです。


   見出しの文字だけではなく、
   縦書きか、横書きか、何行あったのか、文字の書体はどんなだったのか、
   などもあわせて覚えます。覚える見出しの数は3〜4個から始めて、少しづつ
   増やしていくようにしましょう。


   見出しの記憶になれたら、
   新聞の「紙面」そのものの構成を覚えるトレーニングに挑戦しましょう。


   まずは一番関心のある記事があった紙面を開き、
   「見出しは、上のほうにある」、「写真の下にはコラムがあった」など、
   紙面全体を見立てると、覚えやすくなります。、これらの手がかりをヒントに、
   後から記事の構成を思い出していきましょう。


   どうしても思い出せない時は、もう一度紙面を見直しましょう。
   「あ、そうだったのか」と思い出せるはずです。


   このようなトレーニングを続けていくうちに、記事の内容をスムーズに思い出せる
   ようになり、記憶力が強化されます。そうすると物忘れをしなくなります。
   

           (札幌田中病院理事長 田中良治の理論により編集・作成)

 
   関連内容: 
           大笑いはボケ防止の特効薬
           鼻歌・カラオケでストレス発散しましょう
           ゆび編みで脳の早期老化を予防しましょう
           注目!ペットはボケ・うつから貴方を守ってくれる

 
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 Copyright (C) ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved