暗記&ボケ

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>知って得!八つのボケない生活習慣 >暗記を楽しむ

   「ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 暗記を楽しむ ●

   「暗記」は大きくふた通りに分けられています。
   一つは「体」てが覚える記憶。もう一つは「頭」が覚える記憶。


   体で覚える記憶は、自転車に乗ったり、フラフープをまわすなどといった
   学習のことで、いったん覚えたら忘れることは二度とありません。
   家族の顔もわからない重度の認知症患者であっても、歩き方が忘れることは
   まずはないです。これらの運動に化することは、小脳が記憶してくれます。
  
   ところが、後者の頭が覚える記憶は、たとえば、
   外国語がいったん覚えても、しばらく復習しないとすぐ
   忘れてしまいます。高校の数学で習った三角関数や
   微積分なども、卒業後、それきり縁がなければ記憶の
   彼方へ飛んでしまいます。

   ここで行言っている「学習」とか「記憶」は、後者のほうを指します。
   その「記憶」を鍛えることが脳を活性化させることに繋がるのです。
   頭を使えば使うほど、脳は活性化され、ボケない脳へと近づきます。


   「そうはいっても、覚えたこともすぐ忘れてしまうので、少しも進歩しない」と
   嘆き人もいるでしょうが、外国語などは忘れては覚え、忘れては覚え・・・・・・
   を続けるうちに、やがて覚えられるようになります。


   このように、覚える訓練が続けることが、覚える脳を作っていくのであり、
   覚えようとする努力が脳を鍛える
のです。   
              


   世の中には、円周率を何万桁も覚えたり、「論語」をそらんじたり・・・・・・、
   という人が沢山いますが、そういう人たちは、記憶することそのものが
   楽しみになっているのでしょう。


   {だけど、覚えるものが何もない・・・・」という人もいるでしょう。どうせ、覚えるの
   であれば、人を楽しませるセリフやストーリー、外国人とコミュニケーションが
   はかれる外国語、あるいは友人の電話番号など、実益を伴うことがお勧めです。


                 (東京大学 石浦章一教授の理論によって整理・作成)

 
   関連内容: 知って得!八つのボケない生活習慣 メニュー
「百マス計算」より効果的な「目標立て」
新しいことにチャレンジ
暗記を楽しむ
仕事や家事はテキパキ集中的
自分でできることを人任せにしない
テレビより会話
手紙を書く、日記を書く(記録をつける)
ビタミンEは脳のビタミン
 
 
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)



 Copyright (C) ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved