脳のビタミン&ボケ

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>知って得!八つのボケない生活習慣 >ビタミンEは脳のビタミン

   「ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● ビタミンEは脳のビタミン ●

    ご存知のように、
    体の細胞をサビつかせてしまう「活性酸素」は老化の原因です。
 
    この細胞の老化を促す活性酸素は、もちろん、
    脳の神経細胞にも悪影響を及ぼします。
    そんな活性酸素を取り除いてくれる食材として
    有益なのは、ビタミンEが多く含む麦芽(ばくが)や
    大豆、緑黄色野菜など
です。

    余談ですが、
    宇宙に出ると放射線が大量に浴びてしまうことから、実際、宇宙飛行士の
    食べ物には活性酸素を取り除くものをいれようという研究が進んでいます。
    その食べ物の主要成分がビタミンEです。それほど、活性酸素を抑制する
    ためには、ビタミンEが有効なのです。


    大豆の中にはイソフラボンという天然成分も含まれていますが、
    これは、女性ホルモンに似た働きを持つことがわかっています。


    体内の女性ホルモンは更年期になると、極度に減少してしまいますが、
    それを外から人為的に補充すると、骨粗鬆症や、アルツハイマー型認知症を
    防ぐことができると近年の研究でわかっています。
    

    一方で、こうした女性ホルモンの投与には、
    乳がんにかかりやすくなるというデメリットもあります。しかし、
    このイソフラボンは、乳がんの心配がない点で、女性ホルモンより安全です。
    
緑茶やコーヒーの中に入っているカフェインも、
脳の活動に活発にし、記憶力や運動機能を高める

成分として知られています。


さらに、緑茶に含まれているカテキンも、血行を
よくし、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用がある

として注目されています。
 
    また、記憶力をよくするものとして摂りたいのがブドウ糖です
    熟したブドウ果汁に多く含まれているから、その名がつきましたが、
    このブドウ糖を摂取することで出てくるインスリンは、脳内にセロトニンの元と
    なるトリプトファンを優先的に取り込む働きをします。


    セロトニンとは脳内ホルモンの一つで、その作用で情緒が安定し、集中力が
    高まるとも言われています。


    豆乳やコーヒー、緑茶、果物などを朝食にくわえてみてはいかがでしょうか。


              (東京大学 石浦章一教授の理論によって整理・作成)
 
   関連内容: 知って得!八つのボケない生活習慣 メニュー
「百マス計算」より効果的な「目標立て」
新しいことにチャレンジ
暗記を楽しむ
仕事や家事はテキパキ集中的
自分でできることを人任せにしない
テレビより会話
手紙を書く、日記を書く(記録をつける)
ビタミンEは脳のビタミン
 
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)



 Copyright (C) ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved