ボケ&生活習慣

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>ボケないための生活の工夫>知って得!八つのボケない生活習慣

   「ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 知って得!八つのボケない生活習慣 ●
  
    「脳の神経がつなぎ替わる」と東京大学石浦章一教授がご自分の著書
    「ボケる、ボケないは生き方で決める」の中でこのように教えてくれました。
    とても興味深いな話なので、ここで紹介させていただきます。
     
    著書の内容によりますと、
    あまり想像したくないことですが、たとえご自分が脳梗塞になったり、転倒して
    頭を打ったりして、脳にダメージを受け、手が動かなくなったとしましょう。
    残念ながら、ダメージを受けた部分の脳(この場合は、手の運動に関する部分)の
    神経細胞が死滅していまい、元通りになりません。
    しかし、そこでは諦めてはいけません。
    脳は不思議なもので、リハビリを行うと、失われた部分を
    補うように、ほかの部分が動き出すようになるのです。


    つまり、ダメージを受けた脳の部分が「手を動かすこと」に
    関する場所だったとしても、脳の別の部分を使って手を
    動かせるように神経の繋ぎ替えが起きるのです。
    たとえば、ピアノを習っている人は、習っていない人に比べて、手を動かす脳の
    部分が広がっています。
    また、音楽を聞かせて育てたサルは、まったく聞かせないで育てたサルと比べ、
    脳の中で音を認識する部分がやはり広がっています。
    

    つまり、学習することによって、今まで使っていなかった神経で手を動かしたり、
    音を認識したりできるようになるのです。


    今、ボケの兆候が見え隠れするからといって、「すでに手遅れなのでは.....」
    と不安になることはありません。大切なのは、「今からボケない努力を始めること
    ここでは、ボケない脳を作る生活習慣についてみていくことにしましよう。
    これらの習慣を日々の生活の中で意識すれば、貴方の脳はだいぶ替わります。


 
   知って得!八つのボケない生活習慣
「百マス計算」より効果的な「目標立て」
新しいことにチャレンジ
暗記を楽しむ
仕事や家事はテキパキ集中的
自分でできることを人任せにしない
テレビより会話
手紙を書く、日記を書く(記録をつける)
ビタミンEは脳のビタミン
 
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 Copyright (C) ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved