アルツハイマー認知症とは

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>ボケ(認知症)の種類>アルツハイマー認知症とは

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
● アルツハイマー認知症とは ●
  
  アルツハイマー型認知症とは認知症をきたす疾患の中で一番多い疾患です。
 

  アルツハイマー認知症は大脳皮質や神経細胞、神経原線維など、人間が知的
  活動を行う脳の中枢部分を線維化させ、脳細胞に破壊的なダメージを与えます。
  それによって、物を覚えたり、記憶を思い出したり、正しい判断をして行動する
  という知的活動ができなくなるのです。


  初期の症状は、徐々に始まり、ゆっくり進行する物忘れが特徴です。
  古い記憶はよく保たれますが、最近の出来事を覚えることができません。
  そのため同じことを何度も何度も聞きかえしたり、置き忘れが多くなります。
  抑うつや妄想ではじまることもあります。
  運動麻痺や歩行障害、失禁などの症状は初期にはありません。
  CTやMRIなどの画像検査も正常かやや脳の萎縮がつよいという程度です。
   

  
  アルツハイマー認知症の治療法は進行したものについては、現在のところ
  これといった治療法は見つかっていませんが、初初期(初期の初期、健忘期の
  前)の段階で発見できれば、日本初のアルツハイマー型認知症の治療薬である
  アリセプトで、病気の進行を遅らせることができます。

  
  とはいえ、検査によって、初初期のアルツハイマーを発見することは極めて
  難しいので、一緒に生活している家族の注意深い観察が大切になります。
  物忘れが激しくなったなど、いつもと違う兆候に気付いたら、早めに専門医の
  診察を受けさせるようにしましょう。
  

    関連内容: ◇脳血管性認知症とは
            


   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved