食事&摂り方

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>食事で脳の基礎力をアップさせる>食事の摂り方

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 食事の摂りかた ●

  よく噛んで食べると脳が活性化し、
  ボケ知らずになると言われています。


  あごをしっかり使い、よく噛んで食べると
  消化によいことは昔から言い伝えられてきました。
  最近では、消化がよくなるだけではなく、よく噛むと脳がいきいきとしてくることが
  注目されています。これは噛むことによって大量の感覚刺激が脳に流れ込むことと
  深い関係があります。


  もっと分かりやすく言いますと、よく噛んで食べることによって、唾液がよく出ます。
  唾液中の若返りホルモンといわれているパロチンが多く分泌されます。
  また、あごの周りの筋肉の血行が良くなって、脳への血流が増加し、脳が活発に
  働くようになり、ボケ防止にもなると言われています。


  同じ食事をしても、しっかり噛むか、噛まないか、脳への刺激が違います。
  ボケないため、80歳まで今の脳をキープするためには、早食いをやめて、しっかり
  噛んで食べるように心がけましょう。


  さらに、 自分が何回噛んでいるのか、意識して一度数えてみてはいかがでしょう。
  "30回かみましょう"とよくいわれますが、最低でも15〜20回は噛むようにしましょう。
  そして、噛む回数を増やす工夫もしましょう。
  たとえば、
  • 食物繊維の多い野菜など噛みごたえのある食材を選ぶ
  • 食材は乱切りにするなど大きめに切る
  • 刺身だと軟らかいので魚は加熱する
  • 噛みごたえが増すように複数の食材を組み合わせる
  • たくさん噛んで唾液を出すために水分を減らす
  • 噛みきりにくい乾物(ひじき、かんぴょう、切干大根)を使用する
  • よく味わって噛むように味付けを薄くする


  一日3回の食事をしっかり噛んでよくあじわうことが当然ですが、ガムを噛んで、
  脳への刺激をおくることも脳の若さを保つために役に立つでしょう。最近、砂糖を
  使わないものや入れ歯でも噛めるガムなど、色々な種類のガムが市販されてい
  ますので、これらを上手に利用しましょう。



    ◆関連内容:  まごわやさしいのお勧め(伝統的な日本食について)
              専門家が教える食生活の知恵


 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
    ボケない10カ条の教え
    ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)



 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved