食生活&知恵

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>食事で脳の基礎力をアップさせる>専門家が教える食生活の知恵

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 専門家が教える食生活の知恵 ●

  脳の好物は「甘いもの=糖質」、
  「うまいもの=アミノ酸」と
  「脂=脂肪」とされています。
  いずれも人が「おいしい」と感じるものばかりです。
 
  でももこれは偶然ではありません。なぜなら、「おいしい」と感じるのは、
  他のどの臓器でもなく、「脳」だからです。
  

  ご存知のようにね糖質は脳のエネルギー源ですし、アミノ酸は神経伝達物質の材料に
  なります。そして、脳は重さの半分以上が脂肪でできている、要は脂肪の塊のようなもの
  ですから、脂肪の補給は絶対に必要です。


  この、脳にとって必要なものを美味しいから見逃さない・・・・・・・それが人間にとって、
  脳の発達にとって必要だったわけです。

  
  しかし、糖質と脂肪の二つといえば、生活習慣病予防するために、控えなければならない
  ものの代表選手と言えます。

  
  きっと貴方は「どうして体にいいものほど、おいしいのかなぁ」と
  残念に思ったことがあるでしょう。それでは、「脳」にいい食べ物と「首から下の体」に
  いいものは正反対になってしまうのでしょうか。
  どっちをとったらよいのか迷ってしまいますが、実はちゃんとした「答え」があるのです。


  実はバランスよく、様々の食品をとる日本型食生活は脳にとってやはりお勧めです。
  完全に糖質、脂質をカットするような無理なダイエットをしなければ、脳が必要とする
  栄養素はカバーできているはずです。その上で、脳にいい栄養素をプラスアルファで
  取り入れれば、「健康な脳、「ボケにくい脳」はキープできます。


  つまり、「脳」と「体全体」に同時にお勧めできる、
  食事の組み立て方「ま・ご・わ・や・さ・し・い」です。是非トライしてみてください。
  


 専門家が教える食生活の知恵の関連ページのキーワード:
  ◆核酸活性酸素和食DHA&青魚しらすいりこ食物繊維わかめ
  ◆しそ油玉ねぎ&黒酢にんにく豚レバー納豆&のり大豆ナッツ類
  ◆ぬか&胡麻&牛乳緑茶イチョウ卵茶ハーブお酒しいたけ酒コーヒー



      ◆関連内容:食事で脳の基礎力をアップさせる(伝統的な日本食について)
              ◎
まごわやさしいのお勧め
              食事の摂り方
 
              
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
    ボケない10カ条の教え
    ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)



 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved