いい睡眠

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>ボケないための生活の工夫>いい睡眠をとる

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● いい睡眠をとる ●
 
  睡眠は、脳の唯一の休養時間です。
  深い眠りは、一日の疲れを取り去り、心身をリラックス
  させてくれ、ボケや寝たきりの防止になります。
  しかし、高齢者になると、睡眠が浅くなって、朝早く目覚めがちになり、そのために
  昼間になると眠くなってウトウトしてしまう、また、眠りが細切れになってたびたび目が
  覚めるなど、睡眠の悩みを持つ人が増えています。


  睡眠時間は長ければ長いほどいい、というものではありません。
  大切のは、短い時間でいかに質のいい眠りをするのか、ということです。ですから、
  小刻みに眠ることも一つの方法で、昼間ウトウトするのも決して悪いことではありません。
  (資料によりますと、睡眠バターンは年齢とともに変化し、高齢者の睡眠パターンは
  小刻みになっていることが分かったのです)


  一番大切のはその人の仕事や性格にあった睡眠をとることです。
  人間のあらゆる行動をつかさどる大脳は、睡眠不足のダメージをもっとも受けやすい
  器官です。自分にあった睡眠パターンを知り、 それを身につけておけば、ボケや
  寝たきりにならずに済みます。


  睡眠について守って欲しいのは、規則正しい生活のリズムです。
  睡眠のパターンがすこし変るだけで心理的なストレスを増し、大脳に悪影響を与えます。


  とはいっても、
  睡眠は量を質で補うことができるので、睡眠不足でも神経質になる必要がありません。
  極端のことを言えば、昼夜が逆転した生活でもかまわないし、昼間にウトウトしても、
  それがその人の睡眠のスタイルならば問題がありません。
  睡眠のスタイルには、個人差があり、柔軟性があるのです。


  質の高い睡眠を得るには、起きている時間を充実させることが必要です。
  自分の生活を見直し、眠りを上手コントロールできれば、充実した人生を送ることが
  できて、ボケや寝たきりにならずに済むのです。


         (東京医科歯科大学名誉教授 井上昌次郎の理論により整理作成)
 


   関連情報: 30分を昼寝をするとアルツハイマー型認知症が激減する


 

   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
   ボケない10カ条の教え
   ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved