豚レバー&ボケ

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>専門家が教える食生活の知恵>お年寄りとダイエット中の女性に豚レバーがお勧め!

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● お年寄りとダイエット中の女性に豚レバーがお勧め! ●
  
   ビタミンB12は赤い色をするビタミンで、
   悪性貧血を改善する作用があることから
   「造血ビタミン」と呼ばれています。


   また、最近ではアルツハイマー型認知症を予防
   する効果が期待できるという研究結果が、続々と
   発表されています。

   大脳で、言語や思考などを扱い、もっとも働きをする部位を
   大脳新皮質といいます。この大脳新皮質の前頭葉と側頭葉に含まれている
   ビタミンB12の濃度を調べたところ、認知症の人は正常な人と比べて、
   約50%しかないことがわかりました。


   また、アメリカのハーバード大学医学部などで、
   認知症の人にビタミンB12を大量に投与した結果、衰えた脳の働きが活性化した、
   という結果が報告されています。


   高齢になるほど血液中のビタミンB12の濃度は低下していき、大脳新皮質中の
   濃度も減少することがわかっています。

   また、ダイエット中で野菜ばかり食べている女性はビタミンB12の欠乏症に
   なりがちです。このような人は、悪性貧血になるだけではなく、将来ボケになる
   可能性があります。


   ですから、ボケを防ぐためには、ダイエット中の方と中高年になった方は
   ビタミンB12を沢山とって、脳の働きを低下させないように努力することが必要です。 
          
  ビタミンB12多く含む食品は、
  肉類(特に豚レバー)、
  青背の魚
(さば、いわしなど)
  チーズなどの動物性食品です。
   また、ビタミンB12は水溶性ビタミンなので、水によく溶け、余分のものは尿中に
   排泄されます。そのため、毎日とり続ける必要があります。


   一日必要摂取量は約5μgとなっていますが、ボケ予防のためには、
   一日500μgを目標にするとよいでしょう。食品だけで500μgを摂取する
   ことは難しい場合には、ビタミンB12の錠剤などを利用しても効果に変りがありません。


   ご参考に、ビタミンB12わ多く含む食品のリストをご紹介します
             (100gにビタミンB12の含有量
  豚レバー 30μg   カキ   10μg   にしん  10μg
  さば    5μg   いわし  3μg   豚肉    2μg
  牛肉    2μg   鶏肉   2μg   チーズ   2μg


   (東海大学名誉教授・中国医科大学顧問教授 師岡孝次の理論によって整理作成)


 専門家が教える食生活の知恵の関連ページのキーワード:
  ◆核酸活性酸素和食DHA&青魚しらすいりこ食物繊維わかめ
  ◆しそ油玉ねぎ&黒酢にんにく豚レバー納豆&のり大豆ナッツ類
  ◆ぬか&胡麻&牛乳緑茶イチョウ卵茶ハーブお酒しいたけ酒コーヒー

 
              
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
    ボケない10カ条の教え
    ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved