納豆・のり&ボケ

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ       サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>専門家が教える食生活の知恵>夕食に納豆・卵・のりを食べるとボケない脳を作る!

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ●夕食に納豆・卵・のりを食べるとボケない脳を作る!●

   

 夕食に、納豆、卵、のりを食べていると、
 脳血管が丈夫になり、ボケないと
 山梨医科大学田村康二教授が言います。 


健康な面から見ると、
   昼食をメインにしてボリュームのあるものを食べ、夕食に軽めにするのが理想です。
   夕方から夜にかけて、体は一日の活動を終え、眠りに入る準備を始めます。


   したがって、夕食を沢山食べると、消化するために血液が長い時間、胃腸に
   集中し、内臓が活動し続けるので、エネルギーが使われ、安眠できなくなります。


   また、寝ている時は消費されるエネルギーが少ないので、あまった栄養分が
   脂肪として蓄えられ、肥満になる原因を作って、糖尿病や動脈硬化などの生活
   習慣病にかかりやすくなります。
 
   夕食の理想なメニューは、納豆や豆腐などの
   大豆製品やかつお節、胡麻、のりなどの典型的な
   和食素材を使ったものです。
 

   和食は、低脂肪、高タンパク食の代表格で、タンパク質に含まれるトリプトファン
   というアミノ酸が豊富です。これは脳の活動を落ち着かせ、心地よい睡眠に導く
   ホルモンであるメラトニンの原料となります。


   ところで、卵というと、朝食のメニューというイメージがありますが、本当は、夕食に
   とりたい食品です。私達の脳は、睡眠中は活動は休止し、脳の神経細胞の痛んだ
   部分を修復します。

   
   このときに神経細胞の中に入って、脳の機能を回復させるのが、の成分レシチン
   からできるアセチルコリンなのです。ですから、ボケを予防するためにも、卵を夜に
   食べることがお勧められるのです。


   さらにアセチルコリンには、脳の血管を丈夫でしなやかにする効果もあるので、
   脳血管性認知症の予防にも卵は最適です。
   また、納豆に豊富に含まれているレシチンの
 主成分であるコリンはビタミンB12と一緒にとると、
 吸収力がアップします。

   ですから、夕食に是非ビタミンB12を豊富に含むのりを納豆や卵と一緒に食べる
   ように食事の工夫をして、ボケない人生を送りましよう。




 専門家が教える食生活の知恵の関連ページのキーワード:
  ◆核酸活性酸素和食DHA&青魚しらすいりこ食物繊維わかめ
  ◆しそ油玉ねぎ&黒酢にんにく豚レバー納豆&のり大豆ナッツ類
  ◆ぬか&胡麻&牛乳緑茶イチョウ卵茶ハーブお酒しいたけ酒コーヒー

 
              
   
 ボケないための栄養ナビ〜TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
    ボケない10カ条の教え
    ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)


 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved