水&ボケ

ボケ?物忘れ!アレッ!を解消するボケないための日常生活の栄養ナビです!今の脳を80歳までキープする生活の知恵も満載!
ボケないための栄養ナビ        サイトマップ

現在位置:ボケないための栄養ナビTOP>専門家が教える食生活の知恵>寝る前と起きた時にコップ一杯の水でボケ・寝たきりを防ぐ

   ボケないための栄養ナビ」では健康の鍵、ボケないための栄養素について詳しく紹介するサイトです。ボケない、今の脳を
   80才までキープする日常生活の
知恵や情報、意外な効果を発揮する食品と食材及び栄養成分の知識を徹底解説しています。
   ボケないための栄養学のほかに、効果のあるサプリメントの選び方、脳にいい健康食品の選びについてもアドバイスしています。


 
 ● 寝る前と起きた時にコップ一杯の水でボケ・寝たきりを防ぐ ●

    生まれたばかりの新生児は、体重の80%が水分です。
    しかし、30歳過ぎると、体内の水分の量は低下し始め、
    80歳では20%になります。これは高齢になるにたがって、老化で細胞の
    水分の取り込む能力が低下していくためです。


    体内の水分が減少すると、
    血液の中の水分も減って血液がドロドロになるので、脳の血管が動脈硬化を
    おこしている場合、血栓ができて脳梗塞を起こしやすくなります。


    脳梗塞は、ボケを誘発する脳血管性認知症の主な原因です。
    脳梗塞が大脳の足の運動をつかさどる部位に起これば、下半身が麻痺して
    寝たきりになる可能性があります。


    脳の75%が水分であることからも、高齢者は水分をたっぷりと
    補給しなければならないことがわかります。
脳と体にいい水の条件は、
    ① 人体に有害な塩素などを含まない
    ② ミネラル成分をバランスよく含む
    ③ 浸透性の高い弱アルカリ性です。
    残念ながら、私達が毎日飲んでいる水道の水は、これらの条件を満たしていません。


    それでは、どのようにすれば脳と体にいい水が手に入るのでしょうか?
    一番簡単な方法は、水道水に「炭」をいればよいのです。
    つまり、煮沸(しゃふつ)した水道水1あたり、備長炭などの市販されている
    炭を1~2本入れておくだけでできます。


    炭を沸騰させた水道水に入れると、炭が有害な物質を吸着するとともに、
    ミネラル分が溶け出し、水を弱アルカリ性に変ええてくれます。
    
   
    保温ポットに炭を入れても同じ効果が得られます。
    また、ミネラルウォーターの中に炭を入れるとさらに有効成分が増えるので
    おすすめです。

    
    このようにして作った水を朝晩必ずコップ一杯ずつ飲んで、不足水分を
    補ってください。血液がサラサラになって、ボケや寝たきりの原因になる
    脳梗塞を防ぐことができます。
    

    ちなみに、炭は繰り返し使っても効果が落ちないので、半永久に使うことが
    できますが、3か月1回は陰干ししましょう。


         (東京女子医科大学腎センター 新田孝作氏の理論により編集・作成)


 専門家が教える食生活の知恵の関連ページのキーワード:
  ◆核酸活性酸素和食DHA&青魚しらすいりこ食物繊維わかめ
  ◆しそ油玉ねぎ&黒酢にんにく豚レバー納豆&のり大豆ナッツ類
  ◆ぬか&胡麻&牛乳緑茶イチョウ卵茶ハーブお酒しいたけ酒コーヒー

 
              
   
 ボケないための栄養ナビ~TOP
 ボケ(認知症)の種類
   ◆アルツハイマー認知症とは
   脳血管性認知症とは
 ボケ(認知症)と物忘れの違い
 ボケ(認知症)の兆候とは
 ボケ(認知症)と更年期の関係
 貴方のボケ度をチェック
 ボケないための生活の工夫
    ボケない10カ条の教え
    ◆食事で脳の基礎力をアップさせる
    まごわやさしいのお勧め
    
食事の摂り方
    
専門家が教える食生活の知恵
   ◆五感を豊かにする
   いい睡眠をとる
   有酸素運動をする
   効果のあるサプリメントを選ぶ
   ◆効果の高い健康食品を選ぶ
 ボケないワンポイント栄養学
   五大栄養素の働き
   
六つの基礎食品群
 病症で上手に選ぶ栄養成分
   ◆健康ケア
   ◆美容ケア
   ◆病気の予防&改善
 リンク集(リンクについて)

 Copyright (C)ボケないための栄養ナビ All Rights Reserved