黒にんにく

   自然派♪   こだわり〜ねっと

黒にんにくのいろいろ

現在位置:自然派♪こだわり〜ねっと>黒にんにくの豆知識
      
HOME               

                 にんにく&黒にんにくの豆知識
          


  ○にんにくは、ユリ科(分類によってはネギ科)の植物に属し、茎も葉も食べられます。


  ●黒にんにく
普通の白にんにくを一定の温度と湿度のもとで、


    数週間から1ヶ月程度、熟成・発酵せた醗酵食品です。


    にんにく特有の刺激的な臭いがなく、ゼリーの様な食感で、ドライフルーツ感覚で


    気軽に食べられる、消化吸収性が良いのは黒にんにくの特徴です。




  
生にんにくには、疲労回復、強壮作用、コレステロール低下、


    食欲促進、整腸作用、がんの予防
、老化や体調不良の根源と言われる活性酸素を除去する


    抗酸化力
が高いことで知られています。


    その歴史は古く、紀元前3千年前に、


    すでに古代エジプトなどで栽培され利用されたそうです。


    ピラミッド建設の労働者達に与えられ、その過酷な労働を支えいた話は、あまりにも有名です。

  
    その他にも、古代インドや中国では病気の治療に施す万能薬として使われ、


   親しまれてきました。1990年より始めたアメリカの国立ガン研究所が、


   がん予防に効果があると推定される食品等を 約40種類選びました。 


   その頂点に立つのはにんにくなのです。

    






   ●
にんにくの健康パワーを極めると白より黒!!と言われていました。



    
    にんにくのパワーは、あのニオイの元となるアリシンにあります。



    この「アリシン」こそが、にんにくの様々な効能・効力の源とされる成分と言われています。



    アリシン
強力な抗菌・抗カビ作用を持ち、また抗酸化作用、保温、食欲増進、疲労回復、


    ヘリコバクター・ピロリ菌にも有効であることで注目されています。


    

    生にんにくを発酵させ、黒にんにくとなると、このアリシンは臭みと辛味がなく、栄養が吸収され


    やすい「S-アリルシステイン」に変化します。


    この「S-アリルシステイン」は、水溶性のアミノ酸の一種で、生にんにくの約10倍の強力な老化



    や体調不良の根源と言われる活性酸素を除去する
抗酸化
作用があります。



    ガンの予防、高血圧の改善、アルツハイマーの予防、動脈硬化の予防、心臓疾患の予防など


    様々な症状に有効性が確認されています。


    
ほか、この「S-アリルシステイン」は老化が引き起こす脳の萎縮をおさえ、


    学習能力を高める効果、ストレスに強くなり、体が温まるなの効果も大きいと


    期待され、現在、世界中で研究が進められ、 注目されている成分です。




    また、赤ワインなどに多く含まれ、同じく抗酸化作用があることで知られる成分の


    「ポリフェノール」
も、黒にんにくとなることで、その含有割合が5倍ほど大きく増加します。


    黒にんにくの食感は従来のにんにくの辛さがなく、ドライフルーツにも似た


    甘酸っぱさ、微臭なので、にんにくのにおいが気になる方でも安心して食べられます。



    疲れやすい方、元気や気力が出ない方、冷え性の方など、


    色々な健康上の悩みを抱えている方々、一度、黒にんにくをお試ししてみませんか?


              




                       
カテゴリ
こだわりの逸品
オリーブオイル
ワイン
チーズ
蜂蜜
ノニ 
雑穀
「黒」パワー
黒にんにく
黒豆
黒ゴマ
黒糖
黒酢
昆布
黒穀物
烏骨鶏(うこっけい)
酵素パワー
デトックス/解毒
岩盤浴/温泉浴
手軽酸素
アロマテラピー
観葉植物 
LINK
************************



          Copyright (C) 自然派♪こだわり〜ねっと All Rights Reserved